600社以上の中から株式会社 毎日放送様のcloudpackサービス導入事例をご紹介。

株式会社 毎日放送様のAWSクラウドを活用した導入事例

MBS動画イズム444

https://dougaizm444.mbs.jp/

MBSで放送中の番組や過去の名番組を視聴することができる『MBS動画イズム444』

『MBS動画イズム444』とは、ドラマ、バラエティ、アニメ、スポーツ、ドキュメンタリーなど、MBSで現在放送中の番組や、過去の名番組を、PCやスマートフォンで視聴できる月額定額制ビデオ・オン・デマンドサービスです。

今回、cloudpackでは、インフラ設計・構築、デザイン、システム開発を担当いたしました。

提案時にお客様が抱えていた課題は、わずか3ヶ月という短い期間でほぼゼロスタートのプロジェクトをリリースしなければいけないということでした。また、数多くの動画配信サービスが存在する中、他サービスと差別化していくには、視聴者のニーズを汲み取ってサービスアップデートを繰り返し、技術の進化にも追従していくことが必要と考えていらっしゃいました。

cloudpackではそういった課題に対して、MBS様が視聴者に魅力的な動画コンテンツを提供できるようにインフラの運用コストを限界まで抑え、さらに開発スピードを最大化するために、cloudpack内で『システム』と『デザイン』をワンストップ開発で進めるという提案をいたしました。

月々のインフラ運用コストを削減するために採用したのは、『AWS Lambda』を活用したサーバレスアーキテクチャでした。サーバレスアーキテクチャではEC2が存在しないためインフラの運用コストが削減されます。加えて不正侵入などのセキュリティリスクが減ることについても大きなメリットがあります。

サーバー構成図

今回の設計で最も気をつけたのは、「如何に負荷に強い構成を落とし込むか」でした。通常、EC2やRDSを利用する場合、搭載システムとサーバーが急激な負荷に耐えられるか負荷テストなどを実施しますが、フルマネージド型のAWSプロダクトを導入することで、これらの負荷についてはAWS側に任せることが可能になりました。加えて負荷にも強いS3とコンテンツをキャッシュするCloudFrontをベースに構成し、システム全体の高可用性を実現しています。それ以外にもアプリケーションレイヤーのセキュリティ対策にAWS WAF、ユーザー認証にCognito、データベースへの格納タイミングをSQSで調整、Job実行の分散処理に2016年11月末開催のAWS re:Invent 2016で発表されたばかりのStep Functionsを導入するなど、盛り沢山のAWSプロダクトを活用しています。

また、さまざまなクラウドサービスを使って開発納期を短縮しています。その中でも一番効果を出しているのは、『MBS動画イズム444』のバックエンドシステムに、RDSやDynamoDBを利用せずにサイボウズ社の『kintone(キントーン)』を採用したのも1つのポイントです。通常であればデータベースを利用してEC2でバックエンドシステムを構築しますが、kintoneは手軽に機能変更や追加などの開発ができることから開発期間の圧縮につながること、バックアップもkintone側で取得しているためインフラ運用の圧縮にも貢献することを評価し、導入することを決めました。

今後も監視、アプリケーション保守などを続けて安定運用を実現し、視聴者のニーズに応えられるような機能追加やAmazon Machine Learningなどを活用した、新たな施策などをご提供してまいります。

なお、MBS動画イズム444について、株式会社 毎日放送様へのインタビューをcloudpack.mediaにて掲載しております。あわせてご確認ください。

サイトイメージ

MBS動画イズム444

使用しているサービス

サイト名 MBS動画イズム444
クライアント 株式会社 毎日放送
AWSプロダクト
  • S3S3
  • CloudFrontCloudFront
  • SQSSQS
  • Route53Route53
  • LambdaLambda
  • API GatewayAPI Gateway
  • EC2 Container ServiceEC2 Container Service
  • CognitoCognito
  • KMSKMS
  • WAFWAF
  • Step FunctionsStep Functions
ページトップ