GCP:Data Lake 構築サービス

SERVICE

ビジネスを支えるデータ分析基盤を構築します

「Data Lake 構築サービス」は、ビッグデータに対するスケーラブルな分析や格納を可能にするGoogle BigQuery™ を利用した、
データ分析基盤(データレイク・データウェアハウス)を構築するサービスです。
あらゆるアプリケーションのログなどを収集し、まとめて管理することで、
ビジネスに必要な情報を取得するためのデータ分析に最適な環境を提供します。

「Data Lake 構築サービス」イメージ画像

こんな方にオススメです

  • データを意思決定に
    活用したい

  • 大量のデータをどう
    活かしたらいいか分からない

  • AIを活用する
    基盤がほしい

  • 定期的なレポートを
    自動で作成したい

Data Lake 構築サービス におまかせください!

サービスについて
お気軽にお問い合わせください

サービス概要

お客様の予算と用途に合わせて、2つのプランから選択できます。

  • データ投入プラン

    定期的に、および特定のイベント発生時に、オンプレミスやクラウドなどの既存環境からGoogle BigQuery へアプリケーションのログなどを転送し、分析可能な状態にします。

  • データ分析基盤プラン

    データ投入プランの内容に加えて、BIツール(Google データポータル)により、データ分析結果やビジネス指標をダッシュボードやレポートとして可視化いたします。

構成イメージ:データ投入プラン/データ分析基盤プラン 構成イメージ:その他プラン例

サービスについて
お気軽にお問い合わせください

ご利用開始までの流れ

  • step 1

    お申し込み

  • step 2

    ヒアリング
    既存環境の調査

  • step 3

    基本構成の決定

  • step 4

    環境構築

  • step 5

    お引き渡し
    ご利用開始

料金

初期費用データ投入プラン: 150万円〜
データ分析基盤プラン: 250万円〜
運用保守費用 30万円〜
※データ保守(欠損の確認、原因調査など)とサポート窓口、データ連携システムの監視を含む
※Google Cloud™ 利用料金が別途必要です
オプション対応
(費用別途)
・Fluentd などデータ収集ソフトウェアへの対応(35万円〜)
・CSV などで定期的に出力されるデータの投入(70万円〜)
・YouTube™ のチャンネルレポート(35万円〜)
・Google スプレッドシート™ からの定期入力・出力(35万円〜)
・Looker 導入支援(35万円〜)
・広告出稿の自動化・省力化(70万円〜)
・その他(ご相談ください)
  • 金額は税抜です。詳細については、お問い合わせください。
  • ※ Looker導入支援について
  • 別途、Lookerライセンス利用料が必要になります。なお、当社はLooker社とパートナー契約を締結しております。詳細は以下をご参照ください。
  • 2019年11月18日 プレスリリース:https://cloudpack.jp/info/20191118.html

サービスについて
お気軽にお問い合わせください

  • ※Google Cloud、Google Cloud Platform、GCP、Google BigQuery、Google スプレッドシートおよび YouTube は Google LLC の商標です。