AWS:運用・保守サービス

SERVICE

煩わしい運用負荷からお客様を解放。
障害発生時も24時間365日のフルサポート。

お客様が日夜苦労しているネットワークやOSの各種設定変更、サーバーのスケール調整など、
運用・保守における煩わしい作業はすべてcloudpackにお任せください。
経験豊富なプロフェッショナルが最適なシステム環境を実現しつつ、障害発生時には24時間365日のフルサポートで対応します。

24時間365日の
障害対応

サーバー1台から
対応可能

ニーズに合わせて
対応内容が選択可能

マネージドサービス
(Redshift、DynamoDB
など)、にも対応

運用・保守

お客様が行っているサーバーやネットワークの変更、OSやミドルウェアの各種設定変更、バックアップ・リストア、サーバーのスケール調整を、cloudpackにお任せすることで運用負荷を軽減することが可能です。

サーバー・ネットワークに
関する設定変更

運用上必要な設定変更作業(Apache の設定変更や、Security Group の設定追加/ 変更など)が発生した場合、スケジュールを立てて変更作業いたします。

OS・ミドルウェアに
関する設定変更

OSLinux(CentOS, Amazon Linux, Red Hat など)、Windows
ミドルウェアApache、MySQL、PostgreSQL、PHP、など

バックアップ・リストア

cloudpackではバックアップにAMI(アマゾンマシンイメージ)のスナップショット機能を利用し、ディスクイメージ(EBSの内容)を丸ごとバックアップします。標準では1日1回2世代分までを保存し、2世代以上前は新しいディスクイメージを保存する際に削除されます。

このバックアップをとるタイミング(1日1回から複数回へ)、世代数(7世代保存など)に関しては、お客様のご要望に合わせて調整いたします。

  • ※ご要望によっては、内容に応じてバックアップストレージ(S3)の容量を追加いただく必要があります。

リストア方式

「過去のデータを復旧したい」などのご要望がございましたら、お客様とご相談の上、1世代目(バックアップされた中の最新マシンイメージ)から復旧を行います。

サーバーのスケール調整

キャンペーンなどの通常時よりもアクセス増によるサーバーの負荷が見込まれる際に、現状のリソース状況を見極めてインスタンスタイプの変更やサーバーの増減などの対応をいたします。

監視

cloudpack ではお客様がご契約されたすべてのインスタンスに対して、ディスク使用量、プロセス数などのリソースやSSHの監視を
24時間行っています。 障害発生時には事前に登録いただいた緊急連絡先にご連絡いたします。

監視対象項目

標準的な監視項目として下記の項目を監視対象としています。

死活監視

エージェントによる死活監視
URL監視
ポート監視

サービス監視


各種プロセス監視

リソース監視

CPU使用率監視
メモリ使用率監視
ディスク使用率監視

お客様のご希望に合わせた監視設計も行いますので、お気軽にご相談ください。

  • ※監視サーバーのセキュリティグループを許可
  • ※監視対象サーバーには、エージェントをインストール

料金

運用・保守サービスの月額費用のご案内です。AWS利用料金のお支払いには「請求代行サービス」をご利用ください。

月額費用

¥30,000/台 (税別)  対象:EC2、RDS、ElastiCacheなど

¥5,000〜/台 (税別)   対象:Redshift、DynamoDBなど

運用・保守サービスについての
お問い合わせ

OPTION

オプション
もチェック
Datadogを利用した
モニタリング

オプションサービスの『Datadogダッシュボード』をご契約いただくと、モニタリングが行えるお客様専用のダッシュボードを提供いたします。各種サーバーを含む、AWSプロダクトの状態をお客様ご自身でモニタリングすることができるようになります。

Datadogロゴ