運用保守をフルサポート。AWSの運用代行ならお任せを!

クラウドのフルマネージド(運用保守・代行)

運用保守はcloudpackにお任せください運用保守はcloudpackにお任せください

AWS 導入時の構築やコンサルティングをはじめ、
システム監視、バックアップ/リストア、24時間365日の障害対応のフルサポートで、
日々のサーバー保守・運用にかかる負担からお客様を解放いたします。

1サービス/リソース監視

サービス/リソース監視

cloudpackでは、お客様がご契約されたすべてのインスタンスに対して、ディスク使用量、プロセス数などのリソースやWEBサーバー、DBサーバーなどのサービスの監視を24時間365日代行します。

監視対象項目

死活監視

ping
URL
ssh

サービス監視

Apache、MySQL
PostgreSQL
Java
sendmail/postfix

リソース監視

ロードアベレージ
HDD 残容量
プロセス数
ログインユーザー数

2インフラ構築/運用保守

バックアップ

cloudpack ではバックアップにEBSのスナップショット機能を利用し、ディスクイメージ(EBSの内容)を丸ごとバックアップします。標準では1日1回2世代分までを保存し、2世代以上前は新しいディスクイメージを保存する際に削除されます。
このバックアップをとるタイミング(1日1回から複数回へ)、世代数(7世代保存など)に関しては、お客様のご要望に合わせて調整いたします。

バックアップ

リストア

cloudpack では24時間/365日障害対応を行っております。また、障害発生時にはお客様とご相談の上、1世代目(バックアップされた中の最新ディスクイメージ)から復旧を行います。

リストア

3安心のセキュリティ(アクセス制御・ファイアーウォール・VPC)

安心のセキュリティ(アクセス制御・ファイアーウォール・VPC)

セキュアなアクセス方法のご提供やキーファイルやパスレーズを利用したセキュリティ制限など、安心してご利用いただけます。

安心のセキュリティ(アクセス制御・ファイアーウォール・VPC)安心のセキュリティ(アクセス制御・ファイアーウォール・VPC)

4万全サポート

万全サポート

cloudpack では万全の体制でお客様を技術支援しております。AWS以外の、多くのオープンソースソフトウェア・商用ソフトウェアのサポートにも対応。

AWSと連携した万全のサポート

  • クラウドを活かす構成の提案
  • AWSの新機能をキャッチアップ
  • AWSのAPIを用いたサンプルコードの提供
  • AWSとオープンソースソフトウェアの連携
  • 商用アプリケーションのAWS上での動作検証
さらに、お客様と情報は相互共有し、構築・設計ノウハウを蓄積しますさらに、お客様と情報は相互共有し、構築・設計ノウハウを蓄積します

ご契約後のお客様との質疑応答や設計の諸情報、課題管理は
Web サービス「Backlog(プロジェクト管理ツール)」を利用し、一元管理することで情報を相互共有します。
Backlog を中心に、お客様環境に関するノウハウが蓄積され、情報の変更も高い頻度で行われるため、
設計書等のドキュメントのように陳腐化しません。

ページトップ