Webアクセス最適化サービスは、1,200社以上のAWS導入事例を持つcloudpackにお任せください

Webアクセス最適化サービス

Webアクセス最適化サービス

Webサイトの安定稼働で機会損失を防ぎます

メディア露出などによりWebサイトへ多くのユーザーが訪れることは、商品やサービスの認知度向上とともに見込み顧客を獲得することにも結びつき、企業にとっては絶好のビジネスチャンスです。しかし、大量のアクセスに耐えることができず、ページが閲覧できなかったり、表示が遅かったりといった状況が発生してしまっては、大きな機会損失となるばかりか、ブランドイメージの失墜にも繋がりかねません。

例えばこんな場合、御社のWebサイトは大丈夫ですか?

  • 自社の商品や
    サービスについての
    TV放映がある

  • 著名ニュースサイトにて
    自社が記事になる

  • 自社の特集が掲載された
    新聞や雑誌が発売される

「Webアクセス最適化サービス」にお任せください!

Webアクセス最適化サービスの特長

  • 突発的な
    大量アクセスにも安心

    急激なアクセス集中時も、安定かつ高速なコンテンツ配信が可能です。

  • 柔軟で迅速な
    対応が可能

    必要ファイルのみキャッシュを利用するなど、実情に合わせて対応します。

  • エンジニア待機で
    より安心

    ご要望があればエンジニアが待機の上、不測の事態にも対処します。

 

Webアクセス最適化サービスは、AWSのCDN(Content Delivery Network)サービス「Amazon CloudFront」を活用し、突発的な大量アクセスに特化した負荷対策を実施するものです。安定かつ高速なコンテンツ配信が可能なAmazon CloudFrontの特徴を最大限活かすことにより、アクセス集中時にも快適なユーザビリティを実現します。


十分な対策期間が取れない場合でも、オンプレミスの既存環境を活かしながら必要ファイルのみAmazon CloudFrontのキャッシュを利用するなど、柔軟で迅速な対応が可能です(下図参照)。

※既存環境がAWSである必要はありません。
※基本10営業日程度のお時間をいただいておりますが、緊急時など期間についてはご相談ください。

また、ご要望があればTV放映当日などアクセス集中時にcloudpackエンジニアが待機し、不測の事態にも対処します。


既存環境を活かしたAmazon CloudFront活用イメージ

ログ可視化サービス

導入事例

テレビの有名な経済番組にて自社の取り組む事業が取り上げられた際、Amazon CloudFrontの活用により大量アクセスに耐えた企業様の事例です。このケースでは、最大で1分あたり5万リクエストを超えるアクセスが集中しましたが、ユーザビリティは失われませんでした。

 

料金

Webアクセス最適化サービスの費用のご案内です。

初期構築費用¥200,000(税別)
当日待機費用¥50,000(税別)
月額費用CDN専用プラン費用実費($0.08/GB〜)

※初期構築後、運用については「CDN専用プラン」をご利用いただきます。

※詳細については、お問い合わせください。

ページトップ