導入事例

CASESTUDY

株式会社バンダイナムコアミューズメント様のクラウドを活用した導入事例

株式会社バンダイナムコアミューズメント様「データ統合分析基盤」の構築

https://bandainamco-am.co.jp/

株式会社バンダイナムコアミューズメント様「データ統合分析基盤」の構築

掲載日:2021年9月6日

「データ統合分析基盤」における Google Cloud 環境の構築から分析画面の開発、監視・運用保守までをワンストップでご支援

株式会社バンダイナムコアミューズメント様(以下、バンダイナムコアミューズメント様)は、1955年百貨店の屋上に電動木馬2台を設置して創業した中村製作所(後のナムコ)をルーツに、「遊び」の本質を見つめ、常に時代に先駆けたさまざまなアミューズメント機器やアミューズメント施設の企画・開発・運営に取り組まれています。「想像を超える体験の場を提供し、境界がない新しい遊びの世界を創造する」をミッションに掲げ、バンダイナムコグループの総合力を生かし「いま、ここにしかないエンターテインメント体験」を世界中に提供されています。

バンダイナムコアミューズメント様では、メンバーがよりカジュアルに事業データの分析を行うことで、コストを抑えながら、さらなる成長に繋げたいとのご要望をお持ちでした。そのため、各事業部に分散されているデータを集約・統合し、横断的な分析を可能とする環境を必要とされていました。

そこでアイレットが、各事業部に分散されているデータをデータレイクに集約、データウェアハウスへ転送し、一元管理とBI ツールによる分析を可能とする、データ統合分析基盤の構築を担当しました。

プラットフォームに Google Cloud を採用し、データレイクにはあらゆる規模のデータに対応可能な Cloud Storage、データウェアハウスにはスケーラビリティとコストパフォーマンスに優れた BigQuery を活用しました。また、データの取り込み対象となる環境に柔軟に対応できるよう、必要に応じて Cloud Data Fusion による BigQuery への転送なども用意できる構成とし、様々なデータの取り込みを可能としました。データ分析を行う BI ツールには Looker を導入し、分析担当者へのレクチャーまでを実施することで、カジュアルな分析を目指しています。

今回、事業毎のデータ洗い出しや集約方法の検討から、ご要望に沿った分析画面の開発、その後の監視・運用保守まで、アイレットが一貫したサービスを提供することで、コンサルティング視点を持った実践的なデータマネジメントに加え、低コストでの運用も実現しました。さらにもう一歩踏み込み、事業発展をよりご支援させていただくため、売上分析・リスク分析など、Google や YouTube の各アナリティクスとも連携した包括的な分析を柔軟に行える仕組みまで構築しています。今後もバンダイナムコアミューズメント様に寄り添い、ビジネスに伴走しながら、事業拡大に向けたベストプラクティスを実現してまいります。

システム構成図

案件名株式会社バンダイナムコアミューズメント様「データ統合分析基盤」の構築
クライアント株式会社バンダイナムコアミューズメント様