840社以上の中から株式会社バンダイナムコホールディングス様の基幹システム全体をAWSへ一括移行でcloudpackサービス導入事例をご紹介。

株式会社バンダイナムコホールディングス様のAWSクラウドを活用した導入事例

バンダイナムコグループ 基幹システムの全面AWS化

基幹システム全体をAWSへ一括移行。エンタープライズ領域でも類を見ない一大プロジェクトを全面的にサポート

「世界中で最も期待されるエンターテインメント企業グループ」をビジョンに掲げ、「夢・遊び・感動」を世界中の人々に提供し続けるバンダイナムコグループ。そのIT戦略立案やシステム開発・保守を含む、グループ全体の管理業務を一元的に担うバンダイナムコホールディングス様の情報システム部門であるバンダイナムコビジネスアーク様では、グループ全体の基幹システムをオンプレミスからAWSクラウドへ全面移行するプロジェクトを2016年10月に開始しました。国内でも類を見ないほどの規模になった本プロジェクトに対し、cloudpackでは検討段階からサポートさせていただき、各種設計およびインフラ構築・移行業務・各種開発などを全般的に手掛け、2017年8月よりシステム本番稼働を実現しております。

プロジェクトの背景にあったのは、グループの成長の過程で発生する事業再編に対し迅速な対応が求められるなか、システム面での全体最適化がなされていなかったこと。災害対策のデータセンターは、実運用に見合わない稼働契約となっていたほか、インフラアーキテクチャも統一されていないなど運用業務およびリソース的にも効率が悪く、過剰なコストが発生していました。このためシステム基盤の全面的な見直しを図り、グループ全体に最適化された次世代ITインフラ基盤の構築が本プロジェクトの大きな狙いでした。

サーバー構成図

移行においては『オンプレミス(VMware)上の構成には極力変更を加えずクラウド環境へ移行したい』とのご要望から、ERPシステム・分析システムなど業務ごとに50ほどのEC2インスタンスを立て、Direct Connectによりデータセンターと連携させる形に。また移行作業において、各ディザスタリカバリサイトの機能を担保したまま段階的に移行した場合、移行作業中に災害や障害が発生した際のリスクが大きいと判断し、一気に移行する形をとりました。

また災害復旧対策に関しては、メイン環境を東京、ディザスタリカバリ環境をオレゴンに置き、AMIをリージョン間コピーするなどAWSの独自機能を活用することで大幅に効率化。さらにその自動化によって、運用業務の効率改善にも大きく貢献しました。

メイン基盤、ディザスタリカバリサイトの構築が完了したのち、移行後のアプリケーションの動作検証やディザスタリカバリのテスト・訓練など、テストやリハーサルを繰り返し、プロジェクト開始から1年を経た2017年8月、無事に本番環境への移行が完了。現在も安定稼働を実現しています。クラウド化により運用の柔軟性を高め、回線の最適化はもちろんコスト削減にも大きく貢献することができました。今後も運用面での各種サポートを通じ、さらなるサービスレベルの向上に貢献してまいります。

なお国内企業にとっても貴重なユースケースとして、同グループの管理業務を一元的に担っているバンダイナムコビジネスワーク様のインタビュー記事をcloudpack.mediaに掲載しております。あわせてご覧ください。

使用しているサービス

サイト名 バンダイナムコグループ 基幹システムの全面AWS化
クライアント 株式会社バンダイナムコホールディングス
AWSプロダクト
  • EC2EC2
  • S3S3
  • SQSSQS
  • CloudWatchCloudWatch
  • Direct ConnectDirect Connect
  • SNSSNS
  • CloudTrailCloudTrail
  • LambdaLambda
  • Step FunctionsStep Functions
  • ConfigConfig
ページトップ