お客様のご希望に沿ってインフラ構築から運用保守まで対応が可能なcloudpack。ご要望には柔軟にお応えします。600社を超える実績を元に、AWS構築時のサポー...

インフラ構築/運用保守

サーバー・ネットワークのサポートとして、インフラ保守を実施。 追加作業に伴うコストはかかりません。サーバー・ネットワークのサポートとして、インフラ保守を実施。 追加作業に伴うコストはかかりません。

インフラ対応内容

サーバー・ネットワークに関する設定変更

運用上必要な設定変更作業(Apache の設定変更や、Security Group の設定追加/ 変更など)が発生した場合、スケジュールを立てて変更作業いたします。

サーバー・ネットワークに関する設定変更

OS・ミドルウェアに関する設定変更

OS Linux(CentOS, Amazon Linux, Red Hat など)、Windows
ミドルウェア Apache、MySQL、PostgreSQL、PHP、など

バックアップ・リストア

バックアップ・リストア

cloudpackではバックアップにEBSのスナップショット機能を利用し、ディスクイメージ(EBSの内容)を丸ごとバックアップします。標準では1日1回2世代分までを保存し、2世代以上前は新しいディスクイメージを保存する際に削除されます。

このバックアップをとるタイミング(1日1回から複数回へ)、世代数(7世代保存など)に関しては、お客様のご要望に合わせて調整いたします。

  • ※ご要望によっては、内容に応じてバックアップストレージ(S3)の容量を追加いただく必要があります。

保存しておく世代数を追加したい場合

保存しておく世代数を追加したい場合保存しておく世代数を追加したい場合

1世代追加するごとに、月額¥1,500(税別)が加算されます。

例)5世代まで保存する場合
3世代分、300GBを追加するため、月額¥4,500(税別)が追加となります。

HDD(EBS)容量を追加したい場合

HDD(EBS)容量を追加したい場合HDD(EBS)容量を追加したい場合

EBSを追加する場合は、バックアップ分のS3を2世代分確保する必要があるため、相応のS3容量を追加する必要があります。
例)EBSを100GB追加する場合
EBSの100GB分¥1,000とバックアップ用S3の200GB分¥3,000、合計¥4,000(税別)が追加となります。

リストア方式

保存しておく世代数を追加したい場合

「過去のデータを復旧したい」などのご要望がございましたら、お客様とご相談の上、1世代目(バックアップされた中の最新ディスクイメージ)から復旧を行います。

サーバーのスケール調整

サーバーのスケール調整

キャンペーンなどの通常時よりもアクセス増によるサーバーの負荷が見込まれる際に、現状のリソース状況を見極めてインスタンスタイプの変更やサーバーの増減などの対応をいたします。

まずはお気軽にご相談ください

ページトップ