AWSで1,200社を超える導入実績!クラウドの導入設計から構築、運用管理、監視、保守、請求代行まで

IoT Japan 2016

IoT Japan 2016

10/19(水)から3日間にわたって開催される日経BP社が主催する「IoT Japan 2016」のソラコムブースに共同出展いたします。なお、イベントの3日間ではソラコムブース内でセッション講演も行いますので、是非ご来場いただければと思います。

セッション紹介

事例でわかるIoTデバイスのセキュア通信の新常識 「Intranet of Things」
IoTの実践導入段階を迎えた今、IoTデバイスの通信の安全性・品質などの課題が顕著になってきています。本セッションでは、IoTの実態を “Intranet of Things(モノのイントラネット)” として捉え直すことで、これらの課題解決に導くヒントをお伝えします。

登壇者情報

エバンジェリスト 後藤 和貴
エバンジェリスト
後藤 和貴(@kaz_goto
10/19(水) 11:30〜11:45
10/20(木) 13:15〜13:30
10/21(金) 14:45〜15:00

会場見取り図

東京ビックサイト 東5ホール、小間番号:0810のソラコムブース内に、cloudpackブースを展示いたします。

イベント情報

イベント名IoT Japan 2016
概要身の回りのものがインターネットにつながり、監視・管理対象になったり相互作用したりする「Internet of Things」(IoT)が話題です。そのインパクトは、過去の産業革命に匹敵する「インダストリー4.0」など華々しく表現されていますが、実際のところは、医療費の負担増、公共施設の老朽化、自然災害対策など、身近な課題の解決策の積み上げと言えるでしょう。IoTには、インターネット時代に合わせて再定義された製品群ととらえられることもあります。製品の機能要素を整理し、インターネット上に再配置して、合理的にかつ使いやすくする動きです。

IoTは、家電やロボットなどのユーザー・インタフェースとなる機器、センサーやマイコンなどの要素部品、データ分析、機械学習など、幅広い技術要素の集合体であり、その普及には多くの企業や組織の連携が欠かせないと考えます。

これら関係者が一堂に会する舞台として、日経BP社は、2016年秋に「IoT Japan 2016」を開催します。最新のトレンドやソリューションを理解するとともに、関係者の皆さまのネットワーキングの場になることを願っております。多くの方のご出展、ご参加をどうぞよろしくお願いいたします。
主催日経BP社
入場料3,000円(消費税込、招待者・事前登録者は無料)
開催日時2016年10月19日(水)〜10月21日(金)
10:00〜17:30
開催場所東京ビッグサイト 東4-6ホール
アクセス東京臨海高速鉄道りんかい線「国際展示場駅」から徒歩約7分
ゆりかもめ東京臨海新交通臨海線「国際展示場正門駅」から徒歩約3分
Webサイトhttp://expo.nikkeibp.co.jp/iot/2016/exhibition/
ページトップ