AWS専業で1,200社を超える導入実績!Amazonクラウドの導入設計から構築、運用保守、代行まで

Interop Tokyo 2015

Interop Tokyo 2015

Interop Tokyo 実行委員会が主催するInterop Tokyo 2015にてcloudpackのメンバーがパネルディスカッションとして参加いたします。

セッション紹介

クラウド時代の運用技術と運用ビジネス最新動向
cloudpackの廣瀬 一海が伊勢 幸一氏、馬場 俊彰氏と共にパネルディスカッションを行います。
最初に「クラウドサービスが活用できないか?」を検討するクラウドファースト志向が、情報基盤の設計に多く取り入れられるようになりました。しかし、一般的にクラウドサービス事業者は、「コンポーネントのデザインパターン」や「運用ガイドライン」を提供してはいますが、「実際のシステム構築」や「運用作業」を請負う事はしません。また、従来おもにオンプレミスの情報基盤を提供してきたメーカーやSIerは、「自社取り扱い製品による構築運用保守」はサポートしますが、「他社のパブリッククラウドサービス上でのシステム構築や運用保守」を請負う体制は整備されていません。今、構築や運用において、「クラウド利用者」と「提供者」間の隙間を埋める『クラウドインテグレータ(CI)』の存在が注目されています。CIは「クラウドリソースを最適化してシステムを構築」する役割だけではなく、「顧客の利用状態に伴うチューニング」「拡張や機能追加などの運用」までも実施しています。クラウドサービスを情報基盤とし、その構築運用を提供するこうしたビジネスは、ますます拡大する方向にあります。このセッションでは、クラウドのコンサルティング・システム開発・運用・保守において、国内最高クラスの知見を有する事業者とともに、様々なクラウドサービスを基盤とした実際のシステム構築と運用から得たノウハウやビジネスに基づいて、最新の動向を議論します。

登壇者情報

シニアソリューションアーキテクト 廣瀬 一海
シニアソルーションアーキテクト
廣瀬 一海(@kazumihirose
セッション時間:6月9日(火)12:50〜14:20(90分)

イベント情報

イベント名Interop Tokyo 2015
概要Interop(インターロップ)は世界4カ国で開催されている、ネットワークコンピューティングに特化したテクノロジーとビジネスのリーディン グイベントです。

ICTに携わる技術者や企業のリーダーが集い、ライブデモンストレーションなどを通じて「技術」と「ビジネス」の双方を検証できる場であ り、日本では1994年の初開催以来、2014年までに21回の開催実績を誇ります。
主催Interop Tokyo 実行委員会
入場料1日券:¥54,000
2日券:¥86,400
開催日時2015年6月8日(月)- 9日(火) 10:15~18:00
受付:9:45~
開催場所大手町サンケイプラザ
(東京都千代田区大手町1-7-2)
アクセス丸ノ内線・半蔵門線・千代田線・東西線・都営三田線
各線「大手町駅」下車A4・E1出口直結
Webサイトhttp://www.interop.jp/2015/conf/index.html
ページトップ