AWS専業で600社を超える導入実績!Amazonクラウドの導入設計から構築、運用保守、代行まで

サービス/リソース監視

cloudpackの充実した監視体制であなたのビジネスをバックアップ

サーバーのリソースやサービスを24時間監視&通知

サーバーのリソースやサービスを24時間監視&通知

cloudpack ではお客様がご契約されたすべてのインスタンスに対して、ディスク使用量、プロセス数などのリソースやSSHの監視を24時間行っています。 標準でVPC 内に作成されるインスタンスを独自の監視システムを利用し、障害発生時には事前に登録いただいた緊急連絡先にご連絡いたします。

監視対象項目

標準的な監視項目として下記の項目を監視対象としています。

死活監視

ping
URL
ssh

サービス監視

Apache、MySQL
PostgreSQL
Java
sendmail/postfix

リソース監視

ロードアベレージ
ハードディスク残容量
プロセス数
ログインユーザー数

ログ監視

エラーログの監視

Webサーバー、データベースサーバーをはじめ、他の項目に関してもご希望いただければ、監視対象に無料で追加いたします。
また、お客様のご希望に合わせた監視設計も行いますので、お気軽にご相談ください。

監視対象項目
  • ※監視サーバーのセキュリティグループを許可
  • ※監視対象サーバーには、エージェントをインストール

標準監視として設定可能内容一覧

監視インターバルは5分毎となり、しきい値を超えた場合に、2分毎監視となります。また、アラートメールは3回連続でしきい値を超えた場合に通知されます。

  • ※監視間隔、及びアラートメール通知のしきい値超え回数は、個々で設定可能ですが、分単位となります。
  1. プラグインNagios
EC2EC2
監視項目 概要 標準しきい値 初期設定
cpu CPU使用率の監視 Warning:70%
Critical:80%
disk ディスク使用率の監視 Warning:80%
Critical:90%
load LoadAverageの監視 Warning:5,4,3
Critical:10,8,6
ssh sshdプロセスへの接続監視 接続不可の場合Critical
memory メモリー利用量の監視 Warning:10%
Critical:5%
-
port 任意のポートを指定し監視 任意のポートを指定し監視 -
http httpdプロセスの監視 MAXClientの80%でCritical -
proc プロセス数の監視 プロセス要件による -
smtp SMTPプロトコルの監視 接続不可の場合Critical -
pop POP3プロトコルの監視 接続不可の場合Critical -
log 任意のログを指定したメッセージ監視 - -
swap swap領域の使用状況の監視 Warning:512MB
Critical:1024MB
-
tcp 任意のTCPプロトコルの監視 接続不可の場合Critical -
接続不可の場合Critical ログインユーザー数の監視 Warning:5
Critical:10
-
RDSRDS
監視項目 概要 標準しきい値 初期設定
dns RDSのフェールオーバーの監視 切り替わり時Critical
connection_rds RDSへの接続数の監視 インスタンスサイズで変更
cpu_rds RDSのCPU使用率の監視 RDSのCPU使用率の監視
disk_rds RDSのディスク使用率の監視 Warning:80%
Critical:90%
read_latency_rds 読み込み応答速度の監視 - -
replica_error-rds レプリケーションが外れていないかの監視 外れた場合Critical -
write_latency_rds 書き込み応答速度の監視 - -
mem_rds メモリー利用量の監視 Warning:80%
Critical:90%
-
ELBELB
監視項目 概要 標準しきい値 初期設定
latency_elb ELBがリクエストを受け、レスポンスを返すまでの時間の監視 Warning:0.5
Critical:1.0
-
ElastiCacheElastiCache
監視項目 概要 標準しきい値 初期設定
connection_ElastiCache ElastiCacheへの接続数の監視 インスタンスサイズで変更
cpu_ElastiCache CPU使用率の監視 Warning:70%
Critical:80%
-
eviction_ElastiCache 保存期限無いで削除されたアイテム数の監視 Warning:3
Critical:10
-
その他その他
監視項目 概要 標準しきい値 初期設定
s3_size S3の利用サイズ監視 100GB超え -
url 対象URLへの接続 基本200応答以外Critical -
mysql MySQLへの接続監視 OK以外critical
pgsql PostgreSQLへの接続監視 OK以外critical -

障害発生時の対応

障害が発生した場合、24時間365日で早急に対応し、お客様から申し込み時に登録いただいた緊急連絡先にご報告いたします。
詳細は、EC2の障害復旧フローをご確認ください。

障害発生時の対応

各エリアに整備した、安心の監視システム

世界5拠点に設置した監視サーバーが、常時監視しますので
どこでもサービス展開が可能です。

サーバーのリソースやサービスを24時間監視&通知

お客様のサーバーを世界5拠点(アメリカ東海岸・西海岸、アイルランド、シンガポール、東京)に設置した監視サーバーが、常時監視します。
また、監視サーバー自身もお互いを監視することで、トラブルが発生しても、監視を続行できる体制となっています。

ご要望に合わせた監視保守

標準的な監視項目に加え、ご要望に合わせて柔軟に対応いたします。

死活監視

ping
URL
ssh

サービス監視

Apache、MySQL
PostgreSQL
Java
sendmail/postfix

リソース監視

ロードアベレージ
ハードディスク残容量
プロセス数
ログインユーザー数

毎月の運用における定例会議の参加や、障害内容などを月次レポートで提示するなどのご要望がある場合は、別途費用をいただいております。

まずはお気軽にご相談ください

ページトップ