AWS:監視サービス

SERVICE

監視という名の「安心」を提供。
大事なサーバーを常時モニタリング。

専用の監視システムによる24時間365日のリソース/サービス監視で、お客様の負担を大幅に軽減。
障害発生時には、再起動などの一次対応を実施の上、緊急連絡先にご報告いたします。
技術相談などをご利用の場合は、運用保守サービスをご利用ください。

監視設定の実施

24時間365日の
監視サービス

障害発生時のご連絡

※Backlogでのご連絡となります。

一次対応の自動化

※自社製システム監視サービスによる障害一次対応(再起動含む)を提供いたします。

サーバーのリソースやサービスを24時間監視&通知

cloudpack ではお客様がご契約されたすべてのインスタンスに対して、ディスク使用量、プロセス数などのリソースやSSHの監視を24時間行っています。

監視対象項目

標準的な監視項目として下記の項目を監視対象としています。

死活監視

エージェントによる死活監視
URL監視
ポート監視

サービス監視


各種プロセス監視

リソース監視

CPU使用率監視
メモリ使用率監視
ディスク使用率監視

お客様のご希望に合わせた監視設計も行いますので、お気軽にご相談ください。

  • ※監視サーバーのセキュリティグループを許可
  • ※監視対象サーバーには、エージェントをインストール

標準監視として設定可能内容一覧

監視インターバルは基本的に1分毎となり、しきい値を超えた場合に通知されます。
通知間隔やメトリクスの算出方法は個々で設定可能です。

EC2

共通

監視項目概要標準しきい値初期設定
死活監視監視エージェントから応答なし3分間
リソース監視CPU使用率の監視90%以上
ディスク使用率の監視90%以上
メモリ使用率の監視90%以上
サービス監視任意のポートを指定し監視接続不可の場合
任意のプロセスを指定し監視プロセスが存在しない場合

Linux

監視項目概要標準しきい値初期設定
サービス監視ssbdプロセス監視プロセスが存在しない場合
chronydプロセス監視プロセスが存在しない場合
rsyslogdプロセス監視プロセスが存在しない場合
crondプロセス監視プロセスが存在しない場合

Windows

監視項目概要標準しきい値初期設定
サービス監視RDPプロセス監視プロセスが存在しない場合

RDS

共通

監視項目概要標準しきい値初期設定
リソース監視CPU使用率の監視90%以上
ディスク使用率の監視90%以上
メモリ使用率の監視95%以上
イベント監視フェイルオーバーや再起動などのイベント監視イベント発生時

ELB

共通

監視項目概要標準しきい値初期設定
性能監視レイテンシ監視10秒以上
死活監視UnHealthyHost監視1ホスト以上

ElastiCache

共通

監視項目概要標準しきい値初期設定
性能監視接続数の監視インスタンスタイプにより変更
リソース監視CPU使用率の監視80%以上
メモリ使用率の監視80%以上
SWAP使用率の監視エンジンにより変更

障害発生時の対応

有人のサポートに加え、自社製システム監視サービスによる、迅速かつ正確な障害一次対応(再起動)を提供いたします。
障害が発生した場合、24時間365日で早急に対応し、お客様から申し込み時に登録いただいた緊急連絡先にご報告いたします。
対応後、お客様のシステムの正常稼働が確認できない場合、電話やBacklogでエスカレーションいたします。

※自動音声によるアラート発生の連絡となります。

料金

監視サービスの月額費用のご案内です。AWS利用料金のお支払いには「請求代行サービス」をご利用ください。

月額費用

¥5,000/台 (税別)

初期費用

¥10,000/台 (税別)  ※標準的な監視項目と一次対応であることが前提となります。カスタマイズが必要な場合はご相談ください。

監視サービスについての
お問い合わせ