AWS専業で840社を超える導入実績!Amazonクラウドの導入設計から構築、運用保守、代行まで

DevLOVE関西2017

DevLOVE関西2017

11/25(土)に大阪産業創造館で開催される『DevLOVE関西2017』に、cloudpackのソリューションアーキテクト比企宏之が登壇いたします。

セッション紹介

【タイトル】

地方エンジニアの2020年

【内容】

あの酷かったリーマンショックから10年が経ち、今は景気も回復して過去の話しになりました。しかし、現時点で2020年以降の未来で景気がよくなるような話しを聞きません。今後、景気が低迷した時に困らないため、リーマンショック以前から現在に至るまでのIT業界がどうだったのかを振り返りながら、2020年以降のIT業界について仮説を立ててお話しいたします。

登壇者情報

ソリューションアーキテクト 比企 宏之
ソリューションアーキテクト
比企 宏之
15:10〜16:00(50分)

イベント情報

イベント名 DevLOVE関西2017
概要 DevLOVEとは、開発(Develop)を愛する人たちの集まりです。
この集まりでは、開発の楽しさを再発見し、広げるために、「開発の楽しさを発見しよう。広げよう。開発の現場を前進させよう。」というコンセプトのもと、明日の開発の現場に役に立つことを目指した勉強会やイベントを開催しています。

この中で関西を中心に活動するコミュニティがDevLOVE関西です。
今回のテーマは「commitment 〜"何"にコミットするのか?〜」。

事業を成功させること、プロダクトを成長させること、プロジェクトを期日通りに終わらせること、ある技術をチームが習得できるようにすること、あるメンバーがリーダーになることを支援すること…と現場には多種多様、それこそ1人1人違うコミットがあります。過去にコミットしていたもの、現在にコミットしているもの、そして未来にコミットしていきたいものも違うこともあります。

コミットした対象の違いに良し悪しはありません。あるとすれば そのコミットの度合いと何を成し遂げようとしたか? です。

そこで今回のDevLOVE関西では、 10人の話し手に「これまで何にコミットしてきたのか?またそこで何を目指し、何を成し遂げようとしたのか?」そして 「これから何に、なぜコミットしていくのか?」 を存分に語ってもらおうと思いました。その10人のコミットを聴いて、参加者それぞれが「自分は何にコミットしていくのか?」を考える機会になればと思っています。
主催 DevLOVE関西
入場料 2,000円(本編のみ)
4,500円(本編+懇親会)※懇親会の金額は予定
開催日時 2017年11月25日(土)
10:30〜18:00(10:00〜受付開始)
開催場所 大阪産業創造館 5F研修室A,B
(大阪府大阪市中央区本町1丁目4-5)
アクセス 市営地下鉄 中央線「堺筋本町駅」1番出口から徒歩約5分
市営地下鉄 堺筋線「堺筋本町駅」12番出口から徒歩約5分
Webサイト https://devlove-kansai.doorkeeper.jp/events/63438/
ページトップ