840社以上の中から株式会社 毎日放送様のMBS動画イズムでcloudpackサービス導入事例をご紹介。

株式会社 毎日放送様のAWSクラウドを活用した導入事例

MBS動画イズム 動画配信プラットフォーム構築

https://dizm.mbs.jp/

サーバーレス・アーキテクチャを活用し、動画配信システムを共通化。運用コストの削減と機能追加を両立した大幅リニューアルを実現

大阪府に本社を置き、近畿エリアの地上放送を担う毎日放送(MBS)様。本プロジェクトでは、その動画配信サービス「MBS動画イズム」において、それまで提供していたテレビ番組放映後の見逃し動画配信(無料)に加え、ライブ配信(無料)と、ペーパービュー配信(作品単位の視聴課金/有料)の機能を盛り込んでのリニューアルを実現しました。

cloudpackでは、2016年12月時点で同社の別サービス「MBS動画イズム444(定額見放題の動画配信サービス)」へのフルサーバーレス・アーキテクチャ導入を手掛けており、AWSによる圧倒的なコストメリットやシステムの安定性、運用のしやすさ等、さまざまな点で高いご評価をいただいていました。今回は、その仕組みを活用し「MBS動画イズム」の運用も効率化したいとのご相談から、プロジェクトがスタートすることとなりました。

毎日放送様では、以前からセンバツ高校野球や高校ラグビーなど複数の動画コンテンツのライブ配信を行っていました。今回の「MBS動画イズム」リニューアルで、『MBS動画イズム444』と共通で利用可能な動画配信プラットフォームとして配信機能を集約、見逃し配信、ライブ配信、有料動画配信を一括で提供する仕組みを整えました。cloudpackはインフラ設計・構築およびサイト全体のデザイン設計、システム開発、スマートフォンアプリ開発(iOS/Android)を担うこととなりました。

インフラ設計およびシステム開発においては、可能な限り「MBS動画イズム444」と共通の仕組みを利用。AWS Lambdaを活用したサーバーレス・アーキテクチャにより、運用コストを最小限に抑えたほか、不正侵入などのセキュリティリスクも減らしています。また急激な負荷にも耐えうるよう、Amazon CloudFrontの性能を最大限に活かす設計としました。

「MBS動画イズム444」との違いとしては、同サービスは月額課金制でありWeb上で動画配信が完結していたものの、「MBS動画イズム」では動画単位での販売に加え、無料公開動画には広告枠を設けているため、スマートフォンの視聴者向けにアプリケーションを開発する必要があったこと。このほか、決済機能や会員機能などの各種システムについても「MBS動画イズム」のビジネスモデルに合わせ最適化を実現しています。

サーバー構成図

2017年12月の本番公開以降も特にトラブルはなく、安定した稼働を実現しており、MBS様からも「MBS動画イズム444」と同様、非常に高いご評価をいただきました。すでに他プロジェクトも動いているなど高いご期待をいただいており、今後もcloudpackではさまざまな施策を通じ、MBS様および視聴者の皆様のニーズにお応えできるよう、尽力してまいります。

なお、『MBS動画イズム 動画配信プラットフォーム構築』の開発内容については、www.iret.co.jpに公開されている開発事例をご覧ください。

※MBS動画イズム444でサーバーレス・アーキテクチャを導入してから1年が経過し、1年間の成果について毎日放送様にインタビューをいたしました。是非合わせてご覧ください。

使用しているサービス

サイト名 MBS動画イズム 動画配信プラットフォーム構築
クライアント 株式会社 毎日放送
AWSプロダクト
  • S3S3
  • CloudFrontCloudFront
  • SQSSQS
  • Route53Route53
  • LambdaLambda
  • API GatewayAPI Gateway
  • EC2 Container ServiceEC2 Container Service
  • CognitoCognito
  • KMSKMS
  • WAFWAF
  • Step FunctionsStep Functions
ページトップ