LANSCOPE 導入支援サービス for AWS

SERVICE

AWSで稼働するLANSCOPEの構築・運用を支援

LANSCOPE 導入支援サービス for AWSは、LANSCOPE オンプレミス版 をAWS上で利用したいお客様向けのサービスです。cloudpackがお客様に代わり、AWS上で稼働するLANSCOPEの構築・運用を支援いたします。

MOTEX社が提供するLANSCOPE オンプレミス版は、「IT資産管理ツール」市場でトップシェアを誇る統合型エンドポイントマネジメントシステムです(富士キメラ総研 2020 ネットワークセキュリティビジネス調査総覧「IT資産管理ツール・2019年度」より)。IT資産管理/内部不正/外部脅威対策を一つのツールとして提供することで、シンプルなITマネジメントを実現します。

こんな方にオススメです

  • すぐにでもLANSCOPEの
    環境を手に入れたい

  • 今使用しているLANSCOPEを
    AWS上で使いたい

  • 慣れない構築やメンテナンスに
    時間を割きたくない

  • LANSCOPEを
    使うことのみに専念したい

LANSCOPE 導入支援サービス for AWS」にお任せください!

LANSCOPE 導入支援サービス for AWSの内容

あらゆるシステムにおいて豊富なAWS導入実績を持つcloudpackが、AWS上にLANSCOPE オンプレミス版を構築し、その後のインフラレイヤーにおける監視・運用を承ります。お客様は、厄介なインフラレイヤーの監視・運用から解放され、LANSCOPEのご利用のみに専念することができます。LANSCOPEの製品サポートは、提供元であるMOTEX社が実施します。

LANSCOPE 導入支援サービス for AWS 運用イメージ

ご利用開始までの流れ

  1. LANSCOPE オンプレミス版 ライセンスの準備

    ※ ライセンスをお持ちでない場合、別途ご購入が必要です。
  2. お客様環境の調査・分析

  3. 基本構成や設定内容の決定

  4. VPN構成など必要に応じてカスタマイズ要件の決定

  5. 決定事項に基づいた初期構築

  6. お引き渡し、ご利用開始

料金

LANSCOPE 導入支援サービス for AWSの初期費用と月額費用のご案内です。

初期構築費用 別途お見積り
監視・運用サービス¥30,000 /台(税別)※1 + AWS利用料金(従量課金)

※1 「運用・保守サービス」の料金となります。