AWS:構築サービス

SERVICE

migrationpack for ファイルサーバー

ファイルサーバーのAWSクラウド化もcloudpackにお任せください!

「Amazon EC2」を利用し、お客様に代わって、AWS上にWindows OSをベースにしたファイルサーバーを構築いたします。さらに、構築したサーバーの監視・運用までお任せいただくことで、お客様はクラウド環境への移行後も既存のファイルサーバーと同等の操作感で利用できるほか、監視・運用の業務負担を削減することができます。

お客様に代わって、AWS上にWindows OSをベースにしたファイルサーバーを構築いたします。

Amazon FSx for Windows ファイルサーバーを利用して構築するタイプもございます

Amazon EC2ではなく、AWSのフルマネージドサービス「Amazon FSx for Windows ファイルサーバー」を利用して構築するタイプもご用意しました。お客様の環境や要件によってAmazon EC2を利用するタイプと使い分けたり、併用したりすることが可能です。
Amazon FSx for Windows ファイルサーバーは、フルマネージド型のネイティブWindowsファイルシステムが提供されるサービスで、Windowsアプリケーションが依存する互換性や機能を備え、SMBプロトコルやWindows NTFS、Microsoft Active Directory(AD)統合なども完全にサポートします。これにより、共有ファイルストレージを必要とするWindowsアプリケーションをAWSへ簡単に移行できるようになります。
※ Amazon FSx for Windows ファイルサーバーを利用する場合の詳細については、お問い合わせください。

Amazon FSx for Windows ファイルサーバーを利用して構築するタイプです。

migrationpack for ファイルサーバーの特長

  • Windows Serverにてファイルサーバーを提供

    オンプレミス環境から
    違和感のない移行

    クラウド環境への移行後も、
    オンプレミス環境のファイルサーバーと
    同等の操作感で利用可能

  • ユーザー認証(アクセス権)の設定がスムーズ

    ユーザー認証(アクセス権)の
    設定がスムーズ

    お客様管理の既存ADを利用、
    または新規にAWS上でADを構築し
    利用することも可能

  • セキュアな環境を構築

    セキュアな環境を構築

    ・AWS Direct Connect経由、
    またはVPNからのみの接続とすることで
    クローズドなネットワークを構築
    ・IPアドレスによるアクセス制限が可能

  • 高速アクセス

    高速アクセス

    AWS Direct Connect(専用線)利用により、
    クラウド移行で懸念される
    転送速度の遅延を解消

運用上のメリット

運用・保守サービスとの連携により、お客様の運用負荷を軽減します。

  • メリット1

    バックアップ対応

    • ファイルサーバーのイメージバックアップ
    • AMIの自動バックアップ(標準2世代)
    • 週次、月次での取得や世代数の変更など、ご要望に応じて対応可能
  • メリット2

    ディスク容量の管理と柔軟な拡張

    • cloudpackがディスク容量などを24時間/365日監視
    • 残り容量がしきい値を超えた場合、容量を自動拡張(運用ルールは事前に取り決め)

料金

migrationpack for ファイルサーバーの初期費用のご案内です。migrationpack for ファイルサーバーのお申し込みには、「運用・保守サービス」のご契約が必要となります。


初期費用¥150,000 /構築一式(税別)

※ 記載の料金は基本構成をご利用の場合の初期費用となります。カスタマイズをご希望の場合、別途お見積もりいたします。

※ 月額費用については「運用・保守サービス」をご参照ください。


基本構成

特別なご要望がない場合、Amazon EC2を利用した以下の構成で構築させていただきます。

基本構成

 

Amazon FSx for Windows ファイルサーバーを利用する場合の基本構成はこちらです。

基本構成

基本構成の対応範囲

項目対応内容
(Amazon EC2を利用)
対応内容
(Amazon FSx for Windows ファイルサーバーを利用)
AWS構築・Amazon VPC
・Amazon EC2
 (ファイルサーバー、踏み台)
・NAT ゲートウェイ
 (インターネット接続用)
・Amazon VPC
・Amazon EC2(管理用)
・AWS Managed Microsoft AD
・Amazon FSx for Windows ファイルサーバー
ドキュメントBacklog Wikiにて
AWSパラメーター設定を記載
Backlog WikiにてAWSパラメーター設定を記載
バックアップ標準:2世代設定標準:2世代設定
監視・cifs ポート監視
・ディスク容量監視
・リソース監視
・死活監視
・Amazon FSx for Windows ファイルサーバー標準監視内容
 - Amazon CloudWatchメトリクス監視(容量監視)
・AWS Managed Microsoft AD標準監視内容
 - Amazon SNS通知(ステータス監視)
 - Amazon CloudWatch Logsアクセス監視

※ バックアップ・監視の詳細については「運用・保守サービス」もご確認ください。

ご利用開始までの流れ

  1. 要件ヒアリング、ご発注

  2. cloudpackにてAWS上に環境構築、引き渡し

  3. AWS Direct Connect(回線)の開設

  4. 新環境へのデータ移行

  5. ご利用開始

※ご発注〜引き渡しまで約2週間となります。(基本構成での構築の場合)

※③、④はお客様でのご対応をお願いしておりますが、別途お見積もりの上cloudpackにて代行も可能です。