1,200社以上の中から株式会社バンダイナムコゲームス様のcloudpackサービス導入事例をご紹介。

株式会社バンダイナムコゲームス様のAWSクラウドを活用した導入事例

Tresure Abyss

バンダイナムコゲームスのFacebookアプリ「Treasure Abyss」

Treasure AbyssはFacebookで繋がった友人達のアバターデータでパーティを組み、ダンジョンを攻略する、FacebookのソーシャルRPG(ロールプレイングゲーム)です。
欧米ユーザー向けのため、気軽に欧米のデータセンターを利用できるAWSを導入しました。また、ソーシャルゲームはユーザーやアクセスの増加予測が難しく、リソースの増減が容易にできるAWSはまさに最適なソリューションです。負荷にはCloudFront(CDN)を利用、冗長化にはS3やRDSを利用することで可用性も高めています。
また、IAMを利用して、開発者には必要なAWSリソースの利用権限のみを与え、より安全に分担作業ができる環境をご用意しました。

使用しているサービス

サイト名Tresure Abyss
クライアント株式会社バンダイナムコゲームス
ミドルウェア
  • Apache
  • PHP
  • postfix
  • eAccelerator
  • rsync
  • flared
  • flare
  • vsftpd
  • memcache
  • APC
  • MySQL
AWSプロダクト
  • Amazon EC2Amazon EC2
  • Amazon S3Amazon S3
  • Amazon CloudFrontAmazon CloudFront
  • Amazon RDSAmazon RDS
cloudpackサービスcloudpackオリジナルAMI(CentOS 5.5)を利用。
EBSのスナップショットによる世代管理された、定期的なバックアップ。
各種監視サービス。
ページトップ