AWS専業で600社を超える導入実績!Amazonクラウドの導入設計から構築、運用保守、代行まで

お知らせ

毎日放送の定額有料動画配信サービス『MBS動画イズム444』にて最新サーバーレス・アーキテクチャを全面採用したシステムを導入 〜AWS Lambdaで動画配信に必要なインフラコストを削減〜

2017年1月10日

アマゾン ウェブ サービス(AWS)を基盤とした24時間365日のフルマネージドサービスを提供するcloudpack(クラウドパック、運営:アイレット株式会社、本社:東京都港区、代表取締:齋藤 将平)は、近畿エリアの地上放送事業者である株式会社毎日放送(本社:大阪府大阪市、以下、MBS)の定額制有料動画配信サービス『MBS動画イズム444』において、AWSクラウドでサーバーを意識せずにコードを実行するAWSの最新のサーバーレス・アーキテクチャ サービス『AWS Lambda』を全面採用した導入事例を発表します。

『MBS動画イズム444』は、ドラマ、バラエティ、アニメ、スポーツ、ドキュメンタリーなど、MBSで現在放送中の番組や過去の名番組を、インターネットに接続したPC・スマートフォンなどを通じて月額444円(税抜)の定額課金で視聴できるサービスです。cloudpackは『MBS動画イズム444』のシステム基盤をわずか3カ月でのインフラを設計・構築する中で『AWS Lambda』を活用し、インフラ運用のコストを削減することを実現しています。その結果、MBSが予算を『視聴者ニーズに合わせた新たなサービスの開発・改善』に集中できるようになりました。

MBS動画イズム444

◼サーバーレス・アーキテクチャ『AWS Lambda』の全面採用

AWSのサーバーレス・アーキテクチャ『AWS Lambda』なら、サーバーの運用管理とキャパシティ管理が不要となり、運用・保守のコスト削減とアクセス負荷の変動に強いシステムを実現することができます。副次効果としては、AWSが提供している強固なセキュリティ対策により、システムへの不正侵入に対するリスクが低減しています。『MBS動画イズム444』のシステム基盤では、外部のクラウドサービスを積極的に取り入れながら、『AWS Lambda』とCDNの『Amazon CloudFront』などを活用することでインフラ全体の運用コストを削減しています。

サーバー構成図
『MBS動画イズム444』システム構成図

◼アジャイルスタイルでプロジェクト発足からわずか3ヶ月でシステムを立ち上げ

『MBS動画イズム444』は2016年8月にプロジェクトが発足し、同年12月20日にサービスリリースが決定していたため、短期間でシステムを開発する必要がありました。cloudpackは、インフラ構築・システム開発・UI/UXデザインをアジャイルスタイルで進めることによって、MBS様からのフィードバックを即時に共有し同時進行する『ワンストップ開発』を実践しています。その結果、わずか3カ月でシステムを完成させることができました。『MBS動画イズム444』は、計画通り12月20日にサービスを開始しています。

◼導入事例コンテンツ

導入事例『MBS動画イズム444』サーバーレス・アーキテクチャを全面採用(cloudpack.media):
https://cloudpack.media/27082

『MBS動画イズム444』導入技術概要(cloudpack公式サイト):
https://cloudpack.jp/casestudy/125.html

【株式会社毎日放送について】

「情熱大陸」など全国ネットだけではなく、関西でさまざまなジャンルの番組を制作する近畿広域圏を放送対象地域とする特定地上基幹情報事業者です。テレビ番組を、放送終了から1週間無料で視聴できる見逃し配信専用の『MBS動画イズム』というオンデマンド配信サービスを2015年に開設、2016年12月に過去に放送された多岐にわたる番組コンテンツをオンデマンドでPCやスマートフォンで視聴できる、定額制有料動画配信サービス『MBS動画イズム444』をスタートしました。

【cloudpackについて】

cloudpackは、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)やAmazon Simple Storage Service (Amazon S3)をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。2013年6月4日には、AWSパートナーネットワーク(APN)(※1)において、日本初のAPNプレミア コンサルティングパートナーの一社として認定されたのをはじめ、その後5年連続で認定されています(※2)。

運営会社名:アイレット株式会社 http://www.iret.co.jp/
所在地:東京都港区虎ノ門1丁目23-1 虎ノ門ヒルズ森タワー7階
資本金:7,000万円
事業内容:クラウド導入事業、モバイルアプリケーション開発事業、システム開発、システム運用・保守事業、サーバーハウジング・ホスティング事業

【本件に関するお問合わせ】

アイレット株式会社 cloudpack事業部 sales@cloudpack.jp
TEL: 0120-677-989 (広報担当:増田、羽鳥)
URL: http://cloudpack.jp/
問い合わせフォーム:https://cloudpack.jp/contact/form/

(※1)AWS パートナーネットワーク(APN)とは、AWSのエコシステムを支える重要な独立系ソフトウェアベンダー(ISV)、SaaSベンダー、PaaSベンダー、開発者用ツールベンダー、管理/セキュリティベンダーやシステムインテグレーター(SI)、戦略コンサルタント、リセラー、代理店、VARによって構成されております。
(※2)日本初の5年連続での認定は、日本企業ではアイレット株式会社と株式会社野村総合研究所のみです。
Amazon Web Services、アマゾン ウェブ サービス、AWS、Amazon EC2、Amazon S3、AWS Direct Connect、AWS Lambda、Amazon CloudFront、Amazon Route 53、Amazon API Gateway、AWS WAF、AWS KMS、AWS Step FunctionsおよびAmazon Web Services ロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。cloudpack、クラウドパックの名称は、アイレット株式会社の登録商標です。本リリースに掲載されているその他の会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
ページトップ