AWS専業で840社を超える導入実績!Amazonクラウドの導入設計から構築、運用保守、代行まで

WordCamp Kansai 2016

PHPカンファレンス関西2016

7/9(土)から2日間にわたって開催される「WordCamp Kansai 2016」でcloudpackのエンジニア 高橋 慎一が登壇いたします。

セッション紹介

Let’s make Elastic CMS together!
WordPressから移植可能なサーバレスCMSのOSS運用を検討しており、一緒に推進できる仲間を募集します!

Let’s make elastic cms together! from Shinichi Takahashi

登壇者情報

エンジニア 高橋 慎一
エンジニア
高橋 慎一

イベント情報

イベント名 WordCamp Kansai 2016
概要 WordPress好きが集まる大規模カンファレンスである、WordCamp Kansai 2016を今年も開催いたします。
WordCamp Kansaiという名前でやるのは今年で3回目。
1回目よりも2回目、2回目よりも3回目と行うことで、実行委員もWordPress及びWordCampに関する知識や経験を蓄えています。
そんな私達が今回実施するWordCampのテーマは…。

“for the future” 未来のために
多くの人が関わり作り上げられて来たWordPressが、これから先どこを目指していくのか?
私たちはそのWordPressで何が出来るようになり、どういうことが期待できるのか?
といったところにフォーカスを当て、去年と同じ場所である、大阪大学豊中キャンパス 大阪大学会館にて7月9日・10日の2日間WordCampを開催致します。

現在WordPressでどのようなことが出来るでしょう?
スタンダードなブログサイトや企業サイトの作成、写真や動画を多く扱うようなメディアサイトの作成、顧客情報や商品情報を多く扱うようなEコマースサイトや コミュニティサイトの作成など、多種のWebサイトを作ることが出来ます。また、APIを利用する事でスマートフォンのアプリケーションも作ることが出来ます。

WordPressひとつでここまでの事が出来るようになったのは、誰か一人の力ではなく、ひとりひとりがWordPressに興味を持ち、使い、開発し、コミットしてきたからです。

WordCampはこれまでの成長と、それに貢献した人たちが、これから先をどうしていくかを考え、発表し、議論する場だと考えます。
今年はその中でも、これから先WordPressがどこに向かっていくのか?
私たちは何をしていくのか?を考える日になれば良いなと思います。
入場料 無料
開催日時 2016年7月9日(土)10日(日)
勉強会:10:00〜17:45
開催場所 大阪大学豊中キャンパス 大阪大学会館
アクセス 阪急電車宝塚線「石橋駅」から徒歩約13分
大阪モノレール「柴原駅」から徒歩約17分
Webサイト https://2016.kansai.wordcamp.org/
ページトップ