アクセスが急増するWebサイトの安定稼働を助けるイベント対策サービスで、お客様の本来取り組むべきビジネスを加速

オプションサービス Webサイトの安定稼働を助けるイベント対策サービス

イベント対策サービス

¥50,000〜/1イベント

※表示料金は、税別価格になります。

イベントやキャンペーンの開催期間の中で、アクセスの増減にピーク性の高いWebサイトは、高いピークに合わせてサーバー台数をあらかじめ用意して運用する必要がありましたが、cloudpackの『イベント対策サービス』では、必要なタイミングにサーバーなどのITリソースが追加で確保できるAWSの特性を活かして、ピークに応じてエンジニアがダイナミックに適量なサーバー台数の増減や負荷分散を実施します。本サービスでは、サーバーの負荷増加でアラートがあがる前にITリソースの調整を行うことで、アクセスが急増するWebサイトの安定稼働に貢献するほか、サイト運営におけるコスト効率を最適化します。

※イベント対策が可能なサービスは、プランを契約済みでcloudpackが構築した環境およびイベントの開催時間が明確になっているイベントになります。

※対応ボリュームによって価格は変動します。

サービス内容

イベント対応
イベント開催時に即時対応ができるチームの構成
イベント時のサーバー構成計画

追加オプション(有料)

イベント対応を行なうにあたり、cloudpackにて以下の実施も可能です。

  • 負荷テストサービス

    負荷テストサービス

    イベント時に想定されるアクセス数を耐えるサーバー構成を見極めるため、お客さまのシステムに負荷テストを実施いたします。

  • システム開発

    システム開発

    イベント時の運営をより安定したものにするため、サーバーの状況を常にウオッチする仕組みや自動化などの開発も可能です。

  • レポーティング

    レポーティング

    実施したイベント時のサーバーの状況から次回のイベント時の対策などを含めたレポートをお客さまにご提示いたします。

ご契約から導入完了まで

お打ち合わせ

お打ち合わせ

イベント対策サービスのご説明をいたします。また、対応が必要なイベントについての情報をお客様よりご提示いただきます。

お申し込み

お申し込み

ご提出した提案およびお見積りの内容に問題がなければ、お申込書を提出いただき、お申込みは完了になります。

導入サポート

イベント対策

イベント時に即時対応できるチームを形成。必要に応じて、自動化の開発やイベント対応後のレポーティングを実施いたします。また、原因不明の障害などサーバーに起因する場合は、AWSサポート「エンタープライズ」も活用いたします。

導入事例(Jリーグ.jp)

Jリーグ.jpでは試合開催日に数万人が一斉にWebサイトにアクセスするといった特性があり、試合開催日と非開催日でアクセス数が大きく異なり、非開催日はサーバーリソースに余剰が発生していました。

イベント対策サービスで「精度の高いアクセス予測とインフラ構成計画および実施」「アクセス予測と結果についてのご報告」「サーバの性能を引き出すためのカーネルチューニング」「インフラ作業の自動化」を実施しております。試合開催日は、試合開始時刻から終了時刻の前後3時間をイベント対策サービスで対応し、負荷状況をリアルタイムで監視しながらリソースの調整を行っておりますので安定した運用を実現しております。

また、お客様の要件に応じた開発も実施しており、Jリーグ.jpでは人的ミスを抑止するための自動化を行いました。通常のサービス監視であれば予め設定したしきい値を超えた場合にアラートが発生して、発生したアラートを確認した上で対応する形になりますが、イベント時はアクセスが通常よりも20倍違うため同じ手順で対応していると間に合いませんが、自動通知の仕組みを導入することで事前にサーバーなどの対処ができるため、安定した運用を実現しております。

イベント対策をした事例

このようなWebサイトに最適です

イベント対策サービスは、リアルイベントと連動して急激なアクセスが集まるWebサイトに最適なサービスです。イベント時にサイトがダウンしてしまうお客さまは是非ご検討ください。

  • スポーツイベントの
    特設サイト

  • ライブ・コンサートの
    特設サイト

  • ゲームのイベント
    特設サイト

  • テレビCM連動の
    通信販売業者のサイト

  • 新製品発表と連動した
    特設サイト

  • 国政選挙と連動した
    報道系の特設サイト

ページトップ